• 本

襲大鳳 下

祥伝社文庫 い27−12 羽州ぼろ鳶組 11

出版社名 祥伝社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-396-34623-2
4-396-34623-9
税込価格 792円
頁数・縦 338P 16cm
シリーズ名 襲大鳳

商品内容

要旨

強く澄んだ眼差しは、火消のそれだった―。新庄藩火消頭“火喰鳥”松永源吾は、尾張藩中屋敷を襲う猛火の中、もう一人の鳳と邂逅を果たす。火事が特定の人物を狙った謀殺と看破した源吾だったが、背後には巨悪の影がちらつく。ぼろ鳶組の面々、同期の火消たち、そして妻深雪と子平志郎との絆が、源吾を一個の火消たらしめる。技を、想いを、火消の意志を繋げ!

著者紹介

今村 翔吾 (イマムラ ショウゴ)  
1984年、京都府生まれ。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て、2017年、火消の活躍を描いた本シリーズ第一作『火喰鳥』でデビュー。『童の神』が第一六〇回直木賞候補に。20年、『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞、『じんかん』が第一六三回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)