• 本

生頼範義画集〈SAKYO MOVIES〉

出版社名 復刊ドットコム
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-8354-5766-6
4-8354-5766-8
税込価格 8,250円
頁数・縦 70P 31cm

商品内容

要旨

小松左京映画のために描かれた現実よりも迫真性に満ちた極限のイマジネーション!

目次

『復活の日』ノート 生〓範義
復活の日
小松左京「この人は本当に日本人か?」
首都消失
日本沈没
小松左京音楽祭

出版社・メーカーコメント

イマジネーションは時を超える!!2020年、過去に公開されたとある映画が、思いがけず注目を集めることになりました。小松左京作品を原作とした『復活の日』(監督:深作欣二)です。40年をさかのぼる1980年に公開されたこの日本映画は、今年になって突如人類を襲った新型ウィルス感染の「予言」的な作品として話題を呼び、かつて劇場で観た人から、当時生まれていなかった年代の人まで、ネット配信というIT技術によってもたらされたツールによって多くの人に視聴されることになったのです。日本SF第一世代の中心人物=小松左京による、論理と想像力を駆使したスケールの大きな物語のいくつか−−− 『日本沈没』(1973年/監督:森谷司郎)、『復活の日』(1980年/監督:深作欣二)、『首都消失』(1987年/監督:舛田利雄)は、劇場映画として公開されると、いずれも大きな評判になりました。そして、それらの作品のほとんどに、ビジュアルイメージを与えたイラストレーターこそが、生ョ範義でした。復刊ドットコムでは『生ョ範義画集』シリーズとして、平井和正著作を対象にした〈幻魔〉〈狼男達〉に続き、小松左京作品のカバーを飾った『生ョ範義画集〈SAKYO〉』を刊行することになりましたが、本書はその関連書となります。〈SAKYO〉が、本という形態にこだわり、小松左京著作に提供されたイラストを、出版社を跨いでセレクトした画集だったのに対し、本書〈SAKYO MOVIES〉は、文字通り小松左京原作の「映画作品」のために描かれたイラストを、1冊に集めた企画です。