• 本

平成ストライク

角川文庫 ぬ2−51

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-04-109689-5
4-04-109689-8
税込価格 858円
頁数・縦 429P 15cm

商品内容

要旨

JR尼崎駅で通勤電車を待っていたカメラマンの植戸は電車脱線の報せを受ける。その後、ホームで見かけた高校生が事故の取材現場にも現れて…(「加速してゆく」青崎有吾)。私は悪を倒すため、正義のために、彼のブログに殺害予告を書き込み続ける(「他人の不幸は蜜の味」貫井徳郎)。平成に起きた、印象的な事件や出来事をテーマに9人の注目作家が紡ぐ衝撃のミステリ。今を手探りで生きる私たちの心に刺さる、珠玉の競作集!

出版社・メーカーコメント

これは決して「過去」ではない。9つのミステリでたどる平成の軌跡。福知山線脱線事故、炎上、消費税増税、渋谷系、東日本大震災など――平成の時代に実際に起きた印象的な事件・事象をテーマに、9人のミステリ作家が紡ぐ傑作アンソロジー!

著者紹介

青崎 有吾 (アオサキ ユウゴ)  
平成3年神奈川県生まれ。明治大学卒。平成24年に『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞してデビュー
天祢 涼 (アマネ リョウ)  
昭和53年生まれ。平成22年に『キョウカンカク』で第43回メフィスト賞を受賞してデビューした
乾 くるみ (イヌイ クルミ)  
昭和38年静岡県生まれ。静岡大学卒。平成10年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞しデビュー
井上 夢人 (イノウエ ユメヒト)  
昭和25年生まれ。昭和57年に徳山諄一との岡嶋二人名義で第28回江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。平成4年に『ダレカガナカニイル…』(新潮社)で再デビューした
小森 健太朗 (コモリ ケンタロウ)  
昭和40年大阪府生まれ。東京大学卒。昭和57年に史上最年少の十六歳で江戸川乱歩賞の最終候補になり話題を集める。平成6年に『コミケ殺人事件』(出版芸術社)でデビュー
白井 智之 (シライ トモユキ)  
平成2年千葉県生まれ。東北大学卒。平成26年に『人間の顔は食べづらい』(KADOKAWA)でデビュー
千澤 のり子 (チザワ ノリコ)  
昭和48年東京都生まれ。専修大学卒。平成19年に宗形キメラ名義で二階堂黎人との合作を発表後、平成21年に『マーダーゲーム』(講談社)でデビュー
貫井 徳郎 (ヌクイ トクロウ)  
昭和43年東京都生まれ。早稲田大学卒。平成5年に『慟哭(どうこく)』(東京創元社)でデビュー
遊井 かなめ (ユウイ カナメ)  
昭和55年福岡県生まれ。東京外国語大学中退。「レコード・コレクターズ」(ミュージック・マガジン)などの編集を経て、フリーの編集者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)