• 本

善と悪のパラドックス ヒトの進化と〈自己家畜化〉の歴史

出版社名 NTT出版
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-7571-6080-4
4-7571-6080-1
税込価格 5,390円
頁数・縦 464P 20cm

商品内容

要旨

最も温厚で、最も残忍な種=ホモ・サピエンス。協力的で思いやりがありながら、同時に残忍で攻撃的な人間の特性は、いかにして育まれたのか?世界を舞台に活躍する人類学者が、“自己家畜化”という人間の進化特性を手がかりに、長年のフィールドワークから得られたエビデンスと洞察、生物学、歴史学の発見にもとづき、人類進化の秘密に迫る。

目次

人間進化における善と悪
パラドックス
攻撃性のふたつのタイプ
ヒトの家蓄化
平和を育む
野生動物の家畜化
ヒトの進化におけるベリャーエフの法則
暴君の問題
処刑
家畜化がもたらしたもの
善と悪の進化
圧倒的な力
戦争
パラドックス解消

著者紹介

ランガム,リチャード (ランガム,リチャード)   Wrangham,Richard
1948年生まれ。ハーバード大学生物人類学教授。専門は霊長類の行動生態学。国際霊長類学会名誉会長。ピーボディ博物館霊長類行動生物学主幹、ウガンダのキバレ・チンパンジー・プロジェクト理事をつとめるほか、アメリカ芸術科学アカデミーおよび英国学士院(British Academy)フェローでもある。その功績を称えて、英国王立人類学協会からリバーズ記念賞を贈られた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)