• 本

迷子の魂

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-00-024832-7
4-00-024832-4
税込価格 2,750円
頁数・縦 〔40P〕 27cm

商品内容

要旨

魂が動くスピードは、身体よりもずっと遅いのです。あるところに、忙しすぎて魂をなくしてしまった男がいた。男は医師の助言にしたがい、「迷子の魂」をじっと待つことにする。すると―。ノーベル文学賞作家が贈る、大切な魂のものがたり。ボローニャ・ラガッツィ賞受賞(2018年)。

出版社・メーカーコメント

あるところに、忙しすぎて魂をなくしてしまった男がいた。男は医師の助言にしたがい、迷子になった魂をじっと待つことにする。すると??。ノーベル文学賞作家トカルチュクが、コンセホのノスタルジックな絵とともに贈る、子どもたちと、忙しい大人たちのための、大切な魂のものがたり。2018年ボローニャ・ラガッツィ賞受賞作。

著者紹介

トカルチュク,オルガ (トカルチュク,オルガ)   Tokarczuk,Olga
1962年ポーランド生まれ。ワルシャワ大学で心理学を専攻、卒業後セラピストを経て作家となる。『逃亡派』(白水社、2014年)によりポーランドの権威ある文学賞ニケ賞を受賞し、同作の英訳はブッカー国際賞を受けた。2014年の『ヤクブの書』で再びニケ賞を受賞。2019年、前年度のノーベル文学賞を受賞
コンセホ,ヨアンナ (コンセホ,ヨアンナ)   Concejo,Joanna
1971年ポーランド生まれ。ポズナン美術アカデミーで学び、1994年パリに移住。児童書等のイラストレーターとして活躍し、2018年に『迷子の魂』でボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞受賞
小椋 彩 (オグラ ヒカル)  
北海道大学文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。現在、東洋大学文学部日本文学文化学科助教。専門はポーランドとロシアの文学・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)