• 本

国家と自由の法理論 熟議の民主政の見地から

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-00-022974-6
4-00-022974-5
税込価格 6,380円
頁数・縦 389,5P 22cm

商品内容

要旨

著者の「国家と自由」をめぐる基礎理論的研究を集成。ハーバーマス、ケルゼン、シミュット、アレクシーといったドイツの思想家、国法学者たちの国家観を検討。熟議の民主政の視座に立って、国家と憲法の関係、表現の自由をめぐる諸問題を探究する。

目次

1 ハーバーマスをめぐって(ハーバーマスの法理論と憲法論
主権と平和―インゲボルク・マウス、そしてハーバーマス
国家の時代の終わり?
ロールズとハーバーマスにおける宗教と政治
アレント理論における法)
2 ケルゼンをめぐって(「旧ヨーロッパ的」あるいは「実存主義的」ケルゼン―ホルスト・ドライアーのケルゼン研究に依りつつ
アレクシーとケルゼンはどう異なるのか―法学における視点選択の意義について
自由「濫用」の許容性について
政党と討議民主主義)
3 国家論二篇―中間総括として(消極国家とはどんな国家か―シュミットとハイエク
憲法の前提としての国家と憲法による国家統合)
4 表現の自由・再論(表現の自由―最初は大きな話から
表現の自由と民主政―萎縮効果論に着目して
表現の自由と選挙権の適切な関連づけのために
ヘイトスピーチの法的規制について―アメリカ・ドイツの比較法的考察)

出版社・メーカーコメント

『表現の自由』『統治機構の憲法論』に続く、著者の論文集三部作の三番目となる本書は国家論を中心とした論文を集める。ハーバーマス、ケルゼン、シュミット、ルドルフ・スメントといったドイツの思想家、国法学者たちの国家観を検討し、そこから国家と憲法の関係、個人の自由と民主政との連関といった、憲法の基礎理論を探究する。