• 本

野呂邦暢ミステリ集成

中公文庫 の17−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-12-206979-4
4-12-206979-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 324P 16cm

商品内容

要旨

長崎県諌早市を拠点に執筆活動を続けた芥川賞作家・野呂邦暢。端正な文体で読者を魅了した多彩な作品群の中からミステリ作品を初集成。早すぎる晩年の五年間に発表された「失踪者」「もうひとつの絵」「ある殺人」など中短篇八編とエッセイを年代順に収録する。

目次

1(失踪者
剃刀
もうひとつの絵

まさゆめ
ある殺人
まぼろしの御嶽
運転日報)
2(歯形
作家の眼
マザー・グースと推理小説
南京豆なんか要らない
アリバイ
さよならマーロー君こんにちはモース警部
私のシェヘラザードたち
推理小説に関するアンケート)

出版社・メーカーコメント

長崎県諫早市を拠点に執筆活動を続けた芥川賞作家・野呂邦暢。端正な文体で読者を魅了した多彩な作品群の中からミステリ作品を初集成。早すぎる晩年の五年間に発表された「失踪者」「もうひとつの絵」「ある殺人」など中短篇八編と随筆八編を年代順に収録する。文庫オリジナル。    〈解説〉堀江敏幸■目次I失踪者/剃刀/もうひとつの絵/敵/まさゆめ/ある殺人/まぼろしの御嶽/運転日報II歯形/作家の眼/マザー・グースと推理小説/南京豆なんか要らない/アリバイ/さよならマーロー君こんにちはモース警部/私のシェヘラザードたち/推理小説に関するアンケート

著者紹介

野呂 邦暢 (ノロ クニノブ)  
1937年長崎市に生まれ、諌早市で育つ。作家。長崎県立諌早高校卒業。57年陸上自衛隊に入隊(翌年、除隊)。65年「或る男の故郷」で文學界新人賞佳作。74年「草のつるぎ」で第七〇回芥川賞受賞。76年『諌早菖蒲日記』を発表、諌早の地に根をおろした創作活動を続けた。80年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)