• 本

「債権法改正」の文脈 新旧両規定の架橋のために

出版社名 有斐閣
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-641-13839-1
4-641-13839-7
税込価格 12,100円
頁数・縦 783P 22cm

商品内容

要旨

解釈論の自由な視点を拓くために。学説・判例法の展開に留意しつつ、審議過程での議論を詳細に跡付け、今後の解釈論の重要な出発点となる、新規定の立体的理解を得る。

目次

錯誤―要件論の基本構造を中心に
契約の解釈―一般準則を中心に
約款規制―制度の基本構造を中心に
意思表示制度―契約締結過程規制の拡張と第三者保護規定の整備
代理制度―法律行為論への再定位
履行請求権―契約責任の体系との関係で
債務不履行賠償の要件論―帰責事由論を中心に
売主の担保責任―一般債務不履行との関係を中心に
損害賠償の範囲―「予見すべき損害」論の展開を中心に
解除と危険負担―要件論を中心に
詐害行為取消権―基本構造の連続と不連続
相殺―担保的機能を中心に
債権譲渡―資産流動化と対抗原理
結びにかえて

著者紹介

森田 修 (モリタ オサム)  
1958年大分県に生まれる。1983年東京大学法学部卒業。法政大学法学部助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、東京大学大学院法学政治学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)