• 本

AIリテラシーの教科書

出版社名 東京電機大学出版局
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-501-55750-8
4-501-55750-8
税込価格 2,860円
頁数・縦 222P 21cm

商品内容

目次

AIとは何か?AIリテラシーとは何か?
AIの起源と3回のAIブームの本質
現在のAIの実力とシンギュラリティ
AIによる人間の仕事の代替
AIの実体と構成要素の体系的な理解
機械学習の本質と基本原理
ニューラルネットワークの概要とポイント
ディープラーニングの概要とポイント
失敗しないためのAIプロジェクト全体像の理解
AI開発でよく使われる言語とライブラリの特徴
Pythonを利用して簡単なプログラムを作成してみよう
AIの活用に不可欠なデータサイエンスの基本
AIに関する様々な社会的課題
キャリア形成プランによるAIリテラシーの向上

著者紹介

浅岡 伴夫 (アサオカ トモオ)  
1952年富山県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。先端技術アナリスト。成蹊大学理工学部兼任講師。日本能率協会マネジメントセンター通信教育コース『ゼロからわかるAI(人工知能)の基本』テキスト執筆&責任講師。日経メディアプモーション添削講座『日経で身につく情報活用Bizトレ』チーフアドバイザー
松田 雄馬 (マツダ ユウマ)  
1982年大阪府生まれ。京都大学/同大学院修了。博士(工学)。2007年NEC中央研究所に入所。東北大学との脳型コンピュータプロジェクトを立ち上げ、2015年同研究にて博士号を取得し、その後独立。2017年、“現場の知と技術の知の融合によって現場を豊かにする”ことを基本理念とし、AI/IoTを中心とした新規技術開発を行う合同会社アイキュベータを設立、同社共同代表に就任。一橋大学大学院講師(非常勤)も務める
中松 正樹 (ナカマツ マサキ)  
1957年兵庫県生まれ。1981年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同年日本経済新聞社入社。販売局、日経アメリカ社、販売局次長兼国際販売部長、デジタル販売局次長兼販売部長、株式会社OCS執行役員・購読営業本部長などを経て、2015年より法人ソリューション本部ソリューション部プロデューサー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)