• 本

「国譲り神話」の真実 神話は歴史を記憶する

出版社名 勉誠出版
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-585-22293-4
4-585-22293-6
税込価格 1,100円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

『古事記』『日本書紀』を単念に読み解き、実際の遺跡・考古学的資料と比較することで、古代日本を解き明かす。

目次

序章 「国譲り神話」を軽んじるアカデミズム(「国譲り神話」は、日本の統治体制の変化を示す物語
神話を排除する歴史学会 ほか)
第1章 「国譲り神話」と出雲の銅剣(「国譲り神話」の主要登場神
『古事記』の国譲り神話 ほか)
第2章 関東にこそあった「高天原」(出雲大社に発見された茨城・鹿島神宮との共通点
鹿島神宮はどのようにできたか ほか)
第3章 タケミカヅチと物部氏―日本の「もののふ」は関東から(大和朝廷の最高級実力者・物部氏
物部氏の祖、ニギハヤヒとは ほか)

著者紹介

田中 英道 (タナカ ヒデミチ)  
1942年生まれ。歴史家、美術史家、東大文学部卒、ストラスブール大学Phd.東北大学名誉教授、ローマ、ボローニャ大学客員教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)