• 本

鬼人幻燈抄 明治編

徒花

出版社名 双葉社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-575-24339-0
4-575-24339-6
税込価格 1,430円
頁数・縦 260P 19cm
シリーズ名 鬼人幻燈抄

商品内容

要旨

刀を禁じられた新時代、甚夜は相変わらず京の町で鬼を斬り続けていた。物語は新時代へ。シリーズ屈指の人気を誇る明治編がいよいよ開幕!

出版社・メーカーコメント

明治五年(1872年)。武士身分の廃止に帯刀の禁止――近代化が進む明治の世は、武士という存在を置き去りにして進みつつあった。娘の野茉莉とともに京都に移り住んだ甚夜は、昼は蕎麦屋を営みながらも、夜は相も変わらず鬼退治を生業にしていた。新時代になったものの、鬼の討伐依頼は増え続けるばかり。その陰には、どうやら「マガツメ」なる存在がかかわっているようだが……。大人気和風ファンタジーシリーズの第五巻。切なくも美しい時代の徒花たちの物語。

著者紹介

中西 モトオ (ナカニシ モトオ)  
WEBで発表していた小説シリーズ『鬼人幻燈抄』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)