• 本

イメージと読みの将棋観 スター棋士は盤上に何を思う

出版社名 日本将棋連盟
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-8399-7467-1
4-8399-7467-5
税込価格 1,749円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

トッププロ7人が語る将棋の現在・過去・未来。イメ読みに藤井聡太、初登場!

目次

第1章 序盤編(藤井聡太流の後手2四歩
よみがえった後手6二金型
最新の獲換わり、同形の結論は? ほか)
第2章 中盤編(プロの乱闘劇、倒れたのはどっちだ?
羽生王位の56手負け!
いまどきの超急戦 ほか)
第3章 終盤編(中原誠名人の妙手
升田、貫録の受けきり勝ち
佐藤康光、一分将棋の読みきり ほか)

出版社・メーカーコメント

プロ棋士たちには、将棋がどのように見えているのか。さまざまなテーマをもとに、各棋士たちの将棋観をあらわにする将棋世界誌の人気コーナーを書籍化しました。トップ棋士たちの読みやイメージが、あるテーマではぶつかり、またあるテーマでは一致し……。アマチュアの目線とはまったく違うプロの感覚に圧倒される一冊です。

著者紹介

藤井 聡太 (フジイ ソウタ)  
2002年生まれ。2012年、6級で杉本(昌)八段門。2016年四段、2020年八段。史上最年少で四段となり、さらにデビューから無傷の29連勝を達成。2020年7月、史上最年少タイトルとなる棋聖を獲得。同年8月、王位を獲得し史上最年少で八段昇段
郷田 真隆 (ゴウダ マサタカ)  
1971年生まれ。1982年、6級で大友九段門。1990年四段、2001年九段。1992年に王位を獲得。四段でのタイトル獲得は史上初であった。タイトル獲得は王位1、棋王1、王将2、棋聖2の計6期
屋敷 伸之 (ヤシキ ノブユキ)  
1972年生まれ。1985年、6級で五十嵐九段門。1988年四段、2004年九段。1989年、第55期棋聖戦において17歳10カ月でタイトルに初挑戦。また1990年、第56期棋聖戦において18歳6カ月でタイトルを獲得。タイトル獲得は棋聖3期
木村 一基 (キムラ カズキ)  
1973年生まれ。1985年、6級で佐瀬名誉九段門。1997年四段、2017年九段。2019年、第60期王位戦で悲願の初タイトル獲得。初タイトル獲得が46歳3カ月というのは史上最年長記録となった
糸谷 哲郎 (イトダニ テツロウ)  
1988年生まれ。1998年、6級で森(信)七段門。2006年四段、2014年八段。2014年、竜王を獲得。2018年にA級昇級
高見 泰地 (タカミ タイチ)  
1993年生まれ。2005年、6級で石田(和)九段門。2011年四段、2018年七段。2018年七段。2018年、第3期叡王戦七番勝負に勝ち、叡王を獲得
増田 康宏 (マスダ ヤスヒロ)  
1997年生まれ。2008年、6級で森下九段門。2014年四段、2018年六段。2016年、新人王戦で優勝。連覇も果たし、棋戦優勝は2回(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)