• 本

カラ売り屋、日本上陸

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-04-109771-7
4-04-109771-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 361,12P 20cm

商品内容

要旨

ニューヨークのカラ売り専業ファンド、パンゲア&カンパニーが東京事務所を開設。狙いを定めたのは、病院買収に邁進する巨大医療グループ、架空売上げの疑いがあるシロアリ駆除会社、タックス・ヘイブンを悪用して高額な美術品取引を行う総合商社絵画部。パンゲアの追及で窮地に追い込まれた企業は、何とか株価を吊り上げ、逆襲しようと画策するが―。金融市場に蠢く男たちの息詰まる攻防戦を、気鋭の経済小説家が活写!

出版社・メーカーコメント

日本企業の不正を投資ファンドが暴き出す!カラ売り専業のパンゲア&カンパニーの北川靖は次のターゲットを探していた。バーで豪遊する東京シロアリ防除の社長、寺門を調査し不審に思った北川はカラ売りを仕掛けるが――。金融市場に蠢く男たちの攻防戦。

著者紹介

黒木 亮 (クロキ リョウ)  
1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レット』で作家デビュー。1988年から英国在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)