• 本

窪島誠一郎コレクシオン 3

美術館随想

出版社名 アーツアンドクラフツ
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-908028-54-0
4-908028-54-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 337P 19cm
シリーズ名 窪島誠一郎コレクシオン

商品内容

要旨

自ら収集し建てた美術館で、絵と暮らす日々を綴る。『信濃デッサン館日記』篇。

目次

信濃デッサン館日記(冬の塔と並んで
幸福な美術館 ほか)
枯れ草美術館 水遣り帖(「さかさ霧」素描
グラグラ、ギシギシ ほか)
日暮れの記(心の花美術館
哲ちゃんのグミの木 ほか)
めぐりあい(父に逢うて綴ること―近江・渡岸寺にて
生みの母との一期一会 ほか)

著者紹介

窪島 誠一郎 (クボシマ セイイチロウ)  
1941年、東京生まれ。印刷工、酒場経営などへて、79年、長野県上田市に夭折画家の素描を展示する「信濃デッサン館」を創設、1997年、隣接地に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を開設。2005年、「無言館」の活動により第53回菊池寛賞受賞。おもな著書に『無言館ものがたり』(第46回産経児童出版文化賞受賞・講談社)、『鼎と槐多』(第14回地方出版文化功労賞受賞・信濃毎日新聞社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)