• 本

1日3分歌トレ 脳も体も活性化!! 懐かしくて癒される日本の童謡・唱歌

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-484-20230-3
4-484-20230-1
税込価格 1,540円
頁数・縦 95P 21cm

商品内容

要旨

「どんぐりころころ」「かもめの水兵さん」から「荒城の月」まで。ストレス解消、脳の活性化、認知症予防、のどを鍛えて誤嚥も防ぐ!米寿の現役バリトン歌手が贈る珠玉の童謡・唱歌。

目次

1 歌を毎日の習慣にする7曲(どんぐりころころ
蝶々
かたつむり ほか)
2 上手に呼吸を整えるための23曲(しゃぼん玉
朧月夜
虫のこえ ほか)
3 肺活量をさらにアップする11曲(春の小川
赤蜻蛉
この道 ほか)

出版社・メーカーコメント

声に出して唄うことには、嬉しい効果がたくさん!!(1)懐かしむ回想効果で脳が活性化唄うことは気持ちを落ち着かせるリラクゼーション効果があるほか、懐かしの 唱歌 や童謡 を唄うと昔のことを思い出す回想効果によって脳を活性化させることができます。(2)心を解放してストレス発散唄うことで心に貯まっていたモヤモヤやストレス発散ができます。それによって自律神経や血圧が安定し、穏やかな睡眠が得られるようになり、脳血管性認知症のリスクも軽減できます。(3)誤嚥障害を予防唄うときに使う筋肉は食べものを飲み込む時に使う筋肉と同じです。唄うことで食べものを飲み込む時に使う筋肉が鍛えられて誤嚥防止につながります。「この道」「赤とんぼ」「しゃぼん 玉」など、誰でも唄ったことのある日本の名曲 41 曲収録。それぞれの曲が生まれた時代背景と、歌詞の内容も解説。全曲著者による歌唱CD つき。

著者紹介

山本 健二 (ヤマモト ケンジ)  
バリトン歌手、NPO法人日本童謡の会顧問、福岡県柳川市柳川観光大使。昭和8年(1933)、釜山生まれ。県立福岡高等学校卒業後、早稲田大学に進学。在学中はグリークラブ学生指揮者として活躍。卒業後、日本信販に入社し、フジタ道路監査役で終えるまで44年間のサラリーマン生活を送るが、その間も音楽活動を続け、早稲田大学グリークラブ、共立女子大学合唱団、稲門グリークラブ、フレーベル少年合唱団の指揮者を歴任、早大グリークラブのヴォイストレーナーとして2001年まで22年間指導にあたる。第35回NHK・毎日音楽コンクール(現・日本音楽コンクール)声楽部門入選、第三回新波の会日本歌曲コンクール歌唱部門1位など数々の賞を受賞。ニコラ・ルッチ、ロドルフォ・リッチ、中山悌一の各氏に師事。今もなお、現役バリトン歌手として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)