• 本

ブランド・インキュベーション戦略 第三の力を活かしたブランド価値協創 ブランドは,こうして生まれ育っていた

出版社名 有斐閣
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-641-16572-4
4-641-16572-6
税込価格 2,530円
頁数・縦 296P 19cm

商品内容

要旨

コミュニケーション革命の申し子たちは、サード・フォースを顕在化させてしまった。そして、ブランディングは「ブランド・インキュベーション戦略」へと進化する。その仕組みは受容者と関係性の拡張の中にあった。第三の力は豊富な情報と体験で市場を動かすブランド育成者となった。

目次

序章 マーケティングの歩みとブランド・インキュベーション
第1章 ブランド・インキュベーション戦略とは何か
第2章 ブランド価値共創からブランド価値協創へ
第3章 ブランド・インキュベーションの構図とそのプロセス
第4章 新たなブランド価値構造とブランド・インキュベーション
第5章 ブランド・インキュベーション・サードフォースの類型と機能
第6章 ブランド・インキュベーション・ストーリー
第7章 これからのブランド価値の育成とあり方
第8章 ブランド生き物語

出版社・メーカーコメント

ブランドが生成されるプロセスに関して、時間軸に踏まえた新たな枠組みを提唱。多くの事例を通して、企業と消費者に加え、第3の担い手であるサードフォースの重要性を指摘していく。新しい時代を指し示す、ブランド・マネジャー、マーケターの必読書。

著者紹介

和田 充夫 (ワダ ミツオ)  
慶應義塾大学名誉教授
梅田 悦史 (ウメダ エツフミ)  
株式会社ユー&ミー顧問
圓丸 哲麻 (エンマル テツマ)  
大阪市立大学大学院経営学研究科准教授
鈴木 和宏 (スズキ カズヒロ)  
小樽商科大学商学部准教授
西原 彰宏 (ニシハラ アキヒロ)  
亜細亜大学経営学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)