• 本

息子のトリセツ

扶桑社新書 352

出版社名 扶桑社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-594-08649-7
4-594-08649-7
税込価格 946円
頁数・縦 230P 18cm

商品内容

要旨

男の子の脳には、母の知らない秘密がいっぱい。それがわかれば、子育ては格段に楽になる。楽しくなる。

目次

第1章 男性脳を学ぶ(ミニカーに夢中な男の子、「自分」に夢中な女の子
男女の脳は違わない? ほか)
第2章 「生きる力」の育て方(やるかやらないかは、母親が決めていい
子育てに後悔は要らない ほか)
第3章 「愛」の育て方(スキ、アイシテル
愛情貯金 ほか)
第4章 「やる気」の育て方(性格じゃなくて、栄養が悪い
肉食男子に育てよう ほか)
第5章 「エスコート力」の育て方(ことばのエスコート
共感力を身につける適齢期がある ほか)

著者紹介

黒川 伊保子 (クロカワ イホコ)  
脳科学・人工知能(AI)研究者。1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業後、コンピュータ・メーカーにてAI開発に従事。2003年より(株)感性リサーチ代表取締役社長。語感の数値化に成功し、大塚製薬「SoyJoy」など、多くの商品名の感性分析を行う。また男女の脳の「とっさの使い方」の違いを発見し、その研究成果を元にベストセラー『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』(共に講談社)、『娘のトリセツ』(小学館)を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)