• 本

安倍晋三秘録 「一強」は続く

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-86410-804-1
4-86410-804-8
税込価格 1,500円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

要旨

もっとも近いジャーナリストの一人が知られざるエピソード満載で明かす政権7年8か月の修羅場!歴代最長の在職日数と、歴史に残る成果!

目次

第1章 電撃退陣の裏側
第2章 菅新政権誕生
第3章 歴代最長政権の七年八ヵ月
第4章 老獪な政治手腕をどう作りあげたか
第5章 第一次政権の失敗から学んだこと
第6章 安倍晋三を強くした平成政治の修羅場

出版社・メーカーコメント

「安倍一強」はまだ続く。突然の辞任劇の実情も取材して緊急出版!高支持率のウラの死闘、裏切り、奇跡の活路・・・・・総理に最も近い政治部記者のひとりが「一強の真の秘密」に肉薄。歴代最長政権の舞台裏をすべて明かす!

著者紹介

石橋 文登 (イシバシ フミト)  
政治ジャーナリスト。1966年、福岡県生まれ。90年、京都大学農学部を卒業後、産経新聞社に入社。奈良支局、京都総局、大阪社会部を経て2002年に政治部に異動。拉致問題、郵政解散をはじめ小泉政権以降の政局の最前線で取材。政治部次長を経て、編集局次長兼政治部長などを歴任。2019年4月、同社を退社。6月より千葉工業大学審議役。2020年7月より千葉工業大学特別教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)