• 本

マンガ日本の古典 13 ワイド版

とはずがたり

  • いがらしゆみこ/著
出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-12-403611-4
4-12-403611-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 271P 21cm
シリーズ名 マンガ日本の古典

商品内容

要旨

鎌倉中期の宮廷で、数奇な体験を重ねつつも自己を確立していく女性の半生を叙情豊かに描く。

目次

其の1 大いなる転機
其の2 愚かなりし我が心
其の3 愛と死
其の4 夢の彼方
其の5 我が名は女

出版社・メーカーコメント

後深草院の後宮二条が、みずからの半生を綴った日記・紀行文学。鎌倉中期の宮廷で、ややもすれば退廃的な宮廷の世界で数奇な体験を重ねつつも、自己を確立し成長していく二条――。その生き様は、七〇〇年の歳月を経た今日でも鮮烈な印象を与えずにはいられない。

著者紹介

いがらし ゆみこ (イガラシ ユミコ)  
1950年、北海道旭川市生まれ。漫画家を志し単身上京。東京の高校に編入する。1968年、高校3年在学中にデビュー、その後、少女漫画誌「なかよし」の専属作家として活躍する。75年以降、精力的に長篇を発表し、77年、第1回講談社漫画賞受賞。漫画家生活20周年を契機に文章を書く仕事を始め、漫画の原作および少女小説も執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)