• 本

痴漢冤罪

祥伝社文庫 し14−8

出版社名 祥伝社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-396-34686-7
4-396-34686-7
税込価格 1,089円
頁数・縦 562P 16cm

商品内容

要旨

弁護士の木塚は、魔性の女子高生桃香らとともに裏稼業に手を染めていた。満員電車で無実の男に痴漢の罪をなすりつけ、善人ぶって仲裁に入り多額の示談金を搾り取るのだ―その次なる標的、俳優の松岡秀太には強力なバックがついていた。闇社会との繋がりも囁かれる芸能プロ社長吉原だ。木塚と吉原、二頭の凶獣が相見えたとき、電車という餌場を争う死闘が始まった!

著者紹介

新堂 冬樹 (シンドウ フユキ)  
1998年『血塗られた神話』で第七回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)