• 本

だから僕は君をさらう

双葉文庫 さ−47−01

出版社名 双葉社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-575-52424-6
4-575-52424-7
税込価格 770円
頁数・縦 372P 15cm

商品内容

要旨

少年時代に父が起こした事件の影響で、平穏無事に暮らすことだけを願いながら生きる青年・守生光星は、ある夜、自宅近くの墓地で一人の少女と出逢う。驚くことに少女は父が起こした事件の被害者の娘だったのだ。皮肉な運命を背負い出逢ってしまった二人は、やがて新たな事件に巻き込まれていく―。守生の過去、そして少女が隠す秘密。すべてが衝撃のラストへと繋がる純愛ミステリー。第2回双葉文庫ルーキー大賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

※第2回 双葉文庫 ルーキー大賞辛い過去を抱えたミュージシャン志望の青年・守生光星は平穏無事に暮らすことを心がけて暮らしていた。そんな光星はある日、夜の墓地で一人の少女に出逢う。少女の秘密、そして自らの過去との巡り合わせ――光星は運命の奔流に流され、大切な人を守るために罪を犯す。読後、誰かと恋をしたくなる純愛ミステリー。

著者紹介

斎藤 千輪 (サイトウ チワ)  
映像制作会社を経て、放送作家、ライターに。2016年『窓がない部屋のミス・マーシュ』で第2回角川文庫キャラクター小説大賞の優秀賞を受賞しデビュー。20年、『だから僕は君をさらう』で第2回双葉文庫ルーキー大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)