• 本

鯖断ち

双葉文庫 さ−26−39 はぐれ又兵衛例繰控 2

出版社名 双葉社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-575-67027-1
4-575-67027-8
税込価格 726円
頁数・縦 315P 15cm

商品内容

要旨

又兵衛の幼馴染みで、頼れる相棒の長元坊に、金貸しの老婆殺しの疑いが掛かった。無実を訴える又兵衛だが、長元坊を捕らえた北町奉行所との軋轢を恐れた南町の吟味方は、又兵衛のことばに耳を貸そうとしない。孤立無援のなか、友の窮地を救うべく奔走する又兵衛のまえに、北町の大きな壁が立ちはだかる―。怒りに月代朱に染めて、許せぬ悪を影裁き。時代小説界の至宝、坂岡真が贈る、令和最強の新シリーズ、注目の第二弾!

出版社・メーカーコメント

金貸しの老婆殺しの濡れ衣を着せられた長元坊。孤立無援の又兵衛は友を救うべく江戸市中を駆けまわる。つれあいになった静香の機転も得て、殺しの真相に迫っていくものの、目の前には公正な裁きを阻む強固な壁がたちはだかる。小伝馬町の牢屋敷送りとなった友に待ち受けるのは土壇送りの運命。はたして、又兵衛は長元坊を救えるのか――。令和最強の新シリーズ、注目の第二弾!

著者紹介

坂岡 真 (サカオカ シン)  
1961年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、11年の会社勤めを経て文筆の世界へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)