• 本

凪の残響

講談社文庫 あ125−12 警視庁殺人分析班

出版社名 講談社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-06-521610-1
4-06-521610-9
税込価格 858円
頁数・縦 394P 15cm

商品内容

要旨

切断された二本の指がクランベリーソーダに沈められていた。如月塔子は被害者救出に奔走するも、嘲笑うかのように犯人は遺体の在り処を告げる。だが、なぜか遺体からは親指だけが見つからず、代わりに警察に対する異様な音声メッセージが残されていた。犯人の恐ろしい狙いとは。息もつかせぬノンストップミステリ!殺人分析班シリーズ11弾!

出版社・メーカーコメント

クリスマスムードのショッピングモール。そのカフェで、クランベリーソーダに沈む二本の指が発見されるが――!

著者紹介

麻見 和史 (アサミ カズシ)  
1965年、千葉県生まれ。2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)