• 本

いつか来る死

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-8387-3126-8
4-8387-3126-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 141P 19cm

商品内容

要旨

72歳の糸井重里が、400人以上を看取ってきた82歳の訪問診療医と「死」を入り口に語り尽くす。

目次

糸井と小堀が語る1 生きてきたように
糸井が語る 先がそんなにないと思うとピリッとする
糸井と小堀が語る2 死と手をつなげたら
小堀が語る 家族の歴史も事情もそれぞれ

出版社・メーカーコメント

72歳の糸井重里が、400人以上を看取ってきた82歳の訪問診療医と「死」を入り口に語り尽くす。「先がないと思うとピリッとして、覚悟や勇気が出てきます」(糸井)        ×「一人で死ぬのも、看取られて死ぬのも、人それぞれ。正解はない」(小堀)ここ数年は、お守り札を持ち歩くように、「死」についての考えを頭の片隅に持ち歩いています。それは、ちっとも嫌なことじゃないんです。自分の体の衰えを感じたとき、身近な誰かが亡くなったとき。そういうときは、どっぷりと死のことを考えます。一方、「自分のお通夜はパーッと楽しくしたいな」と空想する日もあれば、赤ん坊と接して限りなく死が遠くに思えるときもある。いつでも真正面から向き合っているわけではありません。揺れ動いていて、考えが変わることもある。それでいいんだと思います。(糸井重里「はじめに」より)死とちゃんと手をつなげたら、今を生きることにつながる。