• 本

これでいいのか広島県

地域批評シリーズ 55

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-86716-074-9
4-86716-074-1
税込価格 1,078円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

いうまでもなく、広島県は中国地方の中心である。しかも、長年のライバルであった岡山県を引き離し、地域トップの座を盤石のものとしつつある。広島市は地方都市のレベルを超えるべく、一流都市から超一流都市へのレベルアップに向かってばく進中だ。福山市、三原市といった苦戦が続いていた都市にも勢いが戻り始め、東広島市はベッドタウン化に勝機を見い出した。その反面、観光頼りの呉市や尾道市、廿日市市は足場の弱さが見え出し、大竹市、竹原市などの中間都市や山間部は、広島市一極集中のあおりをもろに食らうなど、県内格差の拡大に県は頭を痛めている。ただ、次々と襲いかかる苦難をはねのけ続けてきた広島県。今はその腕の見せ所である。本書は広島県の過去と現在、そして未来の姿を綿密な現地取材から解き明かす。

目次

第1章 所々ド派手な広島県の歴史
第2章 広島人って一体どんなヒト?
第3章 突っ走る広島市に弱点はない!?
第4章 暮れなずむ呉はこのまま暮れるのか
第5章 再開発と街並み保存で揺れる尾道の迷走
第6章 まちづくりがヘタクソ!どうしようもない福山のグダグダ感
第7章 改めて見つめ直したい広島県の未来像

著者紹介

鈴木 士郎 (スズキ シロウ)  
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。出版社、編集プロダクションを経てフリー
昼間 たかし (ヒルマ タカシ)  
1975年岡山県生まれ。ルポライター、著作家。岡山県立金川高等学校・立正大学文学部史学科卒業。東京大学大学院情報学環教育部修了。知られざる文化や市井の人々の姿を描くため各地を旅しながら取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)