• 本

国家と市場 国際政治経済学入門

ちくま学芸文庫 ス24−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-480-51014-3
4-480-51014-1
税込価格 1,870円
頁数・縦 549P 15cm

商品内容

要旨

従来の社会科学は、国際情勢を、国家の力と利益を中心に理解しようとしてきた。しかし、経済のグローバル化が進み、大国においてでさえ国家=主権という前提が崩れつつある今、この枠組みは有効だろうか。スーザン・ストレンジは本書で「構造的権力」という概念を提示し、それによって国際関係を読み解く必要性を主張した。「構造的権力」とはAが直接働きかけることなく、Bをそうせざるをえない方向へ進ませる力の枠組みであり、具体的には安全保障、金融、知識(情報、技術)のバランスから成る。見えざる覇権を可視化し、国際政治経済学を一変させた名著を文庫化。

目次

プロローグ ある孤島の物語
第1部 国際政治経済学の研究方法(異なる諸価値と諸理論間の紛争
世界経済における権力)
第2部 世界経済における権力の構造(安全保障構造
生産構造
金融構造
知識構造)
第3部 二次的権力構造(輸送システム―海と空
貿易
エネルギー
福祉)
第4部 自分自身の答えを見出したまえ、さもなければお好きなように(問題提起といくつかの答え)

著者紹介

ストレンジ,スーザン (ストレンジ,スーザン)   Strange,Susan
1923‐98年。20世紀を代表する国際政治経済学者。LSE、ウォーリック大学教授等を歴任。「構造的権力」と「関係的権力」という概念を提示し、グローバル時代の新たな国際政治経済学を提唱した
西川 潤 (ニシカワ ジュン)  
1936‐2018年。早稲田大学名誉教授。専門は国際経済学、開発経済学
佐藤 元彦 (サトウ モトヒコ)  
1958年生まれ。愛知大学経済学部教授。前愛知大学学長。専門は国際開発論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)