• 本

星辰の裔

集英社オレンジ文庫 き6−2

出版社名 集英社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-08-680351-9
4-08-680351-8
税込価格 704円
頁数・縦 335P 15cm

商品内容

要旨

男神と女神によって作られたという神話のある、広大な十津島。薬師だった父の志を継ぎ、自身も薬師となった少女アサは、女の身では危険も多く侮られるため、いつもは男装していた。アサは父の遺言に従い、島の北側にある、先進知識が集まるという町を目指して旅をしていた。ところが旅の途中、大陸からの侵略者である馬賊に捕らえられ、奴婢とされてしまい…?

出版社・メーカーコメント

男神と女神によって作られたという神話の島・十津島。薬師だった父の志を継ぎ、自身も薬師となった少女アサは、大陸からの先進知識が集まるというクマデの町を目指し旅していた。父の遺言に従ったのだが、十津島には不穏な空気が漂っていた。石の武器と革の甲しか持たない島へ、鉄の鏃と剣を持ち、鉄の甲をまとった騎馬の軍勢が大陸からやって来たのは二十余年前。以来、島の北西部に国を興した大陸勢力の影響で、島は緊張状態にあった。アサは不運にも旅の途中で、島人が馬賊と呼ぶ大陸からの侵略者の奴婢狩りにあい、捕まってしまう。不要な危険を避けるため男装しており、中性的な外見だったことから宦官と勘違いされたアサを待っていたのは、重労働と劣悪な生活。だが、ある青年と出会ったことから、アサの運命は大きく変わりはじめ……?

著者紹介

喜咲 冬子 (キサキ トウコ)  
函館生まれ。第3回富士見ラノベ文芸大賞審査員特別賞受賞。2019年ノベル大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)