• 本

僕の大統領は黒人だった バラク・オバマとアメリカの8年 上

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-7664-2705-9
4-7664-2705-X
税込価格 2,750円
頁数・縦 259P 20cm
シリーズ名 僕の大統領は黒人だった

商品内容

要旨

本書の原題We Were Eight Years in Power(「われわれは8年間政権の座にあった」)とは、南北戦争後の再建期にサウスカロライナ州でアフリカ系アメリカ人による統治が成果を挙げたことを指して、著名な黒人政治家トマス・ミラーが後の1895年に述べた言葉である。再建期が終わる1877年以降、南部では相次いで有色人種に対する分離政策(ジム・クロウ法)が立法化され、奴隷制度の復活こそなかったものの、黒人への人種差別はふたたび強化される。この差別状況は1964年の公民権法成立以降もなお続いていく。タナハシ・コーツは、そうして現代まで続くアメリカの悪夢を振り払う方法を模索する。アフリカ系アメリカ人が辿った過酷な歴史を踏まえながら、アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマと黒人社会が歩んだ8年の軌跡を丁寧に辿り、圧倒的な賛辞を集めた全米ベストセラー。

目次

序章 黒人による良き統治について
第1章 二〇〇八年
第2章 二〇〇九年
第3章 二〇一〇年
第4章 二〇一一年
第5章 二〇一二年
第6章 二〇一四年

出版社・メーカーコメント

現代アメリカを代表する黒人知識人タナハシ・コーツによる、アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマ論であると同時に、アメリカ黒人の歴史を描き出すエッセイ集。初の黒人大統領の誕生が、アメリカ初の「白人(を代表する存在としての)」大統領トランプ誕生を準備したことを描いた話題作。また、大きな話題となった「(奴隷制度に対する)賠償請求訴訟」も収録。

著者紹介

コーツ,タナハシ (コーツ,タナハシ)   Coates,Ta‐Nehisi
1975年にメリーランド州ボルチモアで生まれる。1993年ハワード大学入学(中退)。これまで3冊のノンフィクションと1冊の小説(The Water Dancer,2019)を発表しているが、本書を含めて3冊のノンフィクションはすべて翻訳されている。大ベストセラーとなった『世界と僕のあいだに』(原著2015年)で全米図書賞とカーカス賞を受賞し、コーツ自身もマッカーサー基金の天才奨学金を受ける。ほぼ10年間定期寄稿者だった『アトランティック』誌を中心に、活発な執筆活動を続けている。『僕の大統領は黒人だった―バラク・オバマとアメリカの8年』第6章の「賠償請求訴訟」(2014年、同誌に発表)で、ジョージ・ポーク賞、ストウ賞などを受賞し、アメリカを代表するジャーナリストと目されるようになる。また、マーベル・コミックスの脚本も手がけている。その発言が常に注目を集める有力なオピニオンリーダーである
池田 年穂 (イケダ トシホ)  
1950年横浜市生まれ。慶應義塾大学名誉教授。歴史学者。翻訳家。多数の訳書がある
長岡 真吾 (ナガオカ シンゴ)  
1961年生まれ。福岡女子大学国際文理学部教授
矢倉 喬士 (ヤグラ タカシ)  
1985年生まれ。西南学院大学助教。大阪大学大学院言語文化研究科博士課程修了。博士(言語文化学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)