• 本

藪の中・将軍

改版

角川文庫 あ2−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-110979-3
4-04-110979-5
税込価格 550円
頁数・縦 357P 15cm
シリーズ名 薮の中・将軍

商品内容

要旨

ある一人の侍が「藪の中」で殺された。犯人と目される盗人、被害者の妻、そして巫女の口を借りて語る被害者。当事者三人の言い分は、それぞれに心理的必然性とリアリティを持ちつつも、決定的に食い違っていく。今昔物語に題を採った最も芥川らしい短篇と言われる「藪の中」を始め、「秋山図」「山鴫」「アグニの神」「俊寛」「将軍」など、様々なテーマやスタイルに挑戦した大正10年頃の円熟期の作品17篇を収録。

出版社・メーカーコメント

教科書でおなじみの「藪の中」等、円熟した技巧と多彩なテーマが光る17篇『今昔物語』を典拠に、真実の不確かさを巧みな構成で鮮やかに提示した「藪の中」、神格化された一将軍の虚飾を剥ぐ「将軍」等、様々なテーマやスタイルに挑戦した大正10年頃の円熟期の作品17篇を収録。

著者紹介

芥川 龍之介 (アクタガワ リュウノスケ)  
明治25(1892)年東京生まれ。東大在学中に豊島与志雄や菊池寛らと第三次「新思潮」を発刊。大正5(1916)年に発表した「鼻」が夏目漱石に激賞され、続く「芋粥」「手巾」も好評を博す。後年は、厭世的人生観に拠った作品を手がけ、また小説の「筋」をめぐり谷崎潤一郎との文学論争に至った。昭和2(1927)年、「ぼんやりした不安」から睡眠薬自殺。遺稿は「歯車」「或阿呆の一生」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)