• 本

大河の剣 2

角川文庫 時−い70−32

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-108914-9
4-04-108914-X
税込価格 814円
頁数・縦 333P 15cm
シリーズ名 大河の剣

商品内容

要旨

日本一の剣士を目指す玄武館の師範代・山本大河は、黒船の騒ぎを聞きつけ、抑えきれず浦賀湊までやってきた。巨大な船を目の当たりにし、異国の敵を初めて意識する大河。だが、彼は3日後に中西道場の三羽烏の1人・高柳又四郎との立ち会いを控えていた―。高柳は、大河が剣の道を選ぶ切っ掛けとなった人物で、負けるわけにはいかない強敵だった。大河は高柳の「音無しの剣」を破ることができるのか。書き下ろし長篇時代小説。

出版社・メーカーコメント

この剣は、我が道を示すもの!気鋭の著者による渾身の新シリーズ第二弾名主の息子として生まれながらも、江戸で日本一の剣士を目指す山本大河は、千葉道場で頭角を現してきた。初めての他流試合の相手は、川越で大河の運命を変えた男だった──。書き下ろし長篇時代小説。

著者紹介

稲葉 稔 (イナバ ミノル)  
1955年、熊本県生まれ。脚本家・放送作家などを経て、94年に作家デビュー。近年は時代小説に力を注いでいる。2020年、「隠密船頭」シリーズと、「浪人奉行」シリーズで第9回日本歴史時代作家協会賞の文庫書き下ろしシリーズ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)