• 本

クリスマス・キャロル

角川文庫 テ7−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-109237-8
4-04-109237-X
税込価格 550円
頁数・縦 158P 15cm

商品内容

要旨

ロンドンで商売を営むスクルージは、強欲で冷酷で無慈悲な老人だった。クリスマス前夜、そんな彼のもとへ、かつての共同経営者マーリーの幽霊が現れて、「おまえに、わたしと同じ運命から逃れる機会をやる」と告げる。それから、「過去」「現在」「未来」の精霊が次描にやってきて、スクルージにさまざまな「光景」を見せつけていくのだった―。文豪ディケンズの名声を不動のものにした、クリスマス・ストーリーの傑作!

出版社・メーカーコメント

世界中でもっとも愛されているクリスマス・ストーリーの名作!文豪ディケンズの名声を不動のものにしたクリスマス・ストーリーの決定版! 冷血非道な老人が、クリスマス前夜に現れた三人の幽霊によって自らの人生を反省し、人間らしい心をとりもどしていく。

著者紹介

ディケンズ,チャールズ (ディケンズ,チャールズ)   Dickens,Charles
1812年〜1870年。イギリスの小説家。速記者や新聞記者をしながら小説を書きはじめ、下層階級を主役とした社会派の作品を数多く発表して、イギリスの国民作家と評される
越前 敏弥 (エチゼン トシヤ)  
1961年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部国文科卒。学習塾自営、留学予備校講師などを経て、37歳で翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)