• 本

日本人のための第一次世界大戦史

角川ソフィア文庫 I412−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-400579-5
4-04-400579-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 528P 15cm

商品内容

要旨

日本人はこの戦争の重要性を知らなすぎる―。欧米では“The Great War”と称される第一次世界大戦。その実態を紐解くと、覇権国と新興国の鍔迫り合い、急速な技術革新とグローバリゼーションの進展など、WW1開戦前夜と現代との共通点が驚くほどに見えてくる。旧来の研究の枠を超え、政治・経済・軍事・金融・メディア・テクノロジーなどの幅広い観点から、戦争の背景・内実・影響を読み解く、日本人のための入門書。

目次

戦争技術の発達
国民国家意識の醸成
兵器産業の国際化と戦艦
世界から見た日露戦争
20世紀の新しい産業
第一次世界大戦勃発
日本参戦
戦線膠着
戦争の経済
消耗戦の中で
新兵器の登場
終戦へ
戦後に残されたもの

出版社・メーカーコメント

誰もが「決して起きない」と予想した戦争は、なぜ勃発したのか?今の世界情勢は、第一次世界大戦の開戦前夜と瓜二つ――。日本人だけが知らない彼の戦争の全貌を、政治・経済・金融・外交・メディア・テクノロジーなど、旧来の研究の枠組みを超えて描き出す。

著者紹介

板谷 敏彦 (イタヤ トシヒコ)  
1955年、兵庫県西宮市生まれ。作家・コラムニスト。関西学院大学経済学部卒業後、石川島播磨重工業入社。その後、日興証券に入社し、ニューヨーク駐在員・国内外の大手証券会社幹部を経て、2006年にヘッジファンドを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)