• 本

日本文学の古典50選

角川ソフィア文庫 C113−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-04-400624-2
4-04-400624-5
税込価格 880円
頁数・縦 251P 15cm

商品内容

要旨

古典文学とは、昔の人々の「心の遺跡」である。神話・伝説・この世界の始まりを描いた『古事記』、美貌の皇子光源氏の恋と盛衰を語る『源氏物語』、凄惨な内乱や権力者のみじめな末路を伝える『平治物語』ほか、本文の抜粋と鑑賞、詳しくわかりやすい解説で古典の名作をたどる。節ごとに、作品の種類、巻冊数、成立年代、作者、手にとりやすい参考図書も紹介。巻末には文学史年表も収載する。1冊で日本文学史全体の流れをとらえる永久保存版!

目次

1 上代の文学(古事記
風土記 ほか)
2 中古の文学(古今和歌集
土佐日記 ほか)
3 中世の文学(保元物語
平治物語 ほか)
4 近世の文学(好色五人女
世間胸算用 ほか)

出版社・メーカーコメント

どんな内容? どう味わう? これ一冊で古典文学の世界が見渡せる!当代一の和歌研究者による古典名作案内。万葉集、源氏物語、徒然草、奥の細道、世間胸算用など日本文学の古典50編をとり上げ、名歌名文を引用しながら作品の内容を紹介する。

著者紹介

久保田 淳 (クボタ ジュン)  
1933年東京生まれ。東京大学卒業、同大学大学院博士課程修了。文学博士。東京大学名誉教授。専門は中世文学・日本文学史。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)