• 本

左翼の逆襲 社会破壊に屈しないための経済学

講談社現代新書 2597

出版社名 講談社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-06-514239-4
4-06-514239-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 281P 18cm

商品内容

要旨

コロナショックドクトリンでの中小企業淘汰と地域帝国主義への道は許さない!今一番注目されているのは「レフト3.0」。「大きな政府」への回帰を唱え、真っ当な給料の仕事がある社会をつくる!

目次

はじめに―反緊縮論だけではすまない段階に
第1章 「人は生きているだけで価値がある」のポピュリズムを!
第2章 日本支配層の将来ビジョン―コロナショックドクトリンが示す円高帝国への道
第3章 レフト3.0の到達点と課題―欧米での失速の教訓
第4章 体制変革としての反緊縮
第5章 庶民がコントロールを取り戻すために

著者紹介

松尾 匡 (マツオ タダス)  
1964年、石川県に生まれる。1987年、金沢大学経済学部卒業。1992年、神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。経済学博士。久留米大学経済学部教授を経て、2008年より立命館大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)