• 本

はじめてのスピノザ 自由へのエチカ

講談社現代新書 2595

出版社名 講談社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-06-521584-5
4-06-521584-6
税込価格 946円
頁数・縦 181P 18cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ありえたかもしれない「もうひとつの近代」に未来の自由を探す

    『暇と退屈の倫理学』『中動態の世界』などの著作を通じて「自由」とは何かを問い直してきた國分功一郎さん。その最初の単著は『スピノザの方法』でした。

    國分さんがその原点である十七世記の哲学者スピノザの「自由」をめぐる思想を、現代の私たちにとってアクチュアルな問いかけとして紹介してくれるのが本書です。

    なかでも、スピノザを特徴付ける概念「コナトゥス」の解説が刺激的です。コナトゥスは「ホメオスタシス(恒常性)」の原理に非常に近いと、國分さんはいいます。私たちという個と外的環境との関係によって常に相互に影響し合うダイナミズムとしての「自由」というイメージは、たとえば「アフォーダンス」や「中動態」といった概念へとつながり、身体や環境をめぐる哲学、建築やデザイン、舞踊といった芸術表現へも、連想が広がっていく刺激的なものです。

    また、國分さんはスピノザがその出自であるユダヤ教会に反しても思想を追求したことに触れ、「真理の追求は必ずしも社会には受け入れられないし、それどころか権力からは往々にして敵視されるのだということを十分に理解しつつ、その上で真理を追求するのが哲学者なのです」と書き

    …続きを見る

    (2020年11月27日)

商品内容

要旨

次々と覆される常識の先に、ありえたかもしれないもうひとつの世界が浮かび上がる。気鋭の哲学者による、心揺さぶる倫理学入門。

目次

第1章 組み合わせとしての善悪(スピノザとは誰か
哲学する自由 ほか)
第2章 コナトゥスと本質(コナトゥスこそ物の本質
変状する力 ほか)
第3章 自由へのエチカ(「自由」とは何か
自由の度合いを高める倫理学 ほか)
第4章 真理の獲得と主体の変容(スピノザ哲学は「もうひとつの近代」を示す
真理は真理自身の基準である ほか)
第5章 神の存在証明と精錬の道(懐疑の病と治癒の物語
真理への精錬の過程 ほか)

著者紹介

國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)  
1974年、千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部准教授。専門は、哲学・現代思想。著書に、『暇と退屈の倫理学』(朝日出版社、第二回紀伊國屋じんぶん大賞受賞、増補新版:太田出版)、『中動態の世界』(医学書院、第一六回小林秀雄賞受賞)、『原子力時代における哲学』(晶文社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)