• 本

誘拐ファミリー

出版社名 双葉社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-575-24346-8
4-575-24346-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 350P 19cm

商品内容

要旨

浅井家の家業は誘拐。始祖が定めた鉄の掟「浅井家十戒」に従い、これまで一度も警察の世話になることなく七十年ものあいだ誘拐業を続けてきた。ところが、家族のなかに微かな不協和音が流れてきた。ともに力をつけた長兄と次兄が一家の主導権を巡り、小さな衝突を繰り返すようになったのだ。見かねた四代目家長の父親は、兄弟にある課題を出す。それは、某巨大宗教集団の幹部二名をそれぞれさらい、先に身代金を奪ったほうを五代目家長とするというものだった。誘拐家族を二分する戦いがはじまる…。

出版社・メーカーコメント

誘拐が七十年続く浅井家の家業。固い絆で結ばれる一家六人だったが、跡目を巡って長兄、次兄が反目しあっていた。家長は決着をつけようと、二人を競わせる課題を出す。それは、ある巨大教団の幹部二人を誘拐し身代金をせしめることだった。この課題が浅井家を二分する争いに発展する――。長編犯罪小説。

著者紹介

新堂 冬樹 (シンドウ フユキ)  
1966年、大阪生まれ。98年『血塗られた神話』で第7回メフィスト賞を受賞しデビュー。感涙の純愛小説から裏社会を描いたノワール小説まで作風は幅広く、多くの読者の支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)