• 本

パサージュ論 1

岩波文庫 32−463−3

出版社名 岩波書店
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-00-324633-7
4-00-324633-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 557P 15cm

商品内容

要旨

パリにナチスが迫る間際まで書き綴られた膨大なメモ群はバタイユらに託され、かろうじて生き残った。一九世紀パリに現れたパサージュをはじめとする物質文化に目を凝らし、人間の欲望や夢、ユートピアへの可能性を考察したベンヤミンの畢生の労作。

目次

概要(パリ―一九世紀の首都(ドイツ語草稿)
パリ―一九世紀の首都(フランス語草稿))
覚え書および資料(パサージュ、流行品店、流行品店店員
モード
太古のパリ、カタコンベ、取り壊し、パリの没落
倦怠、永遠回帰
オースマン式都市改造、バリケードの闘い
鉄骨建築
博覧会、広告、グランヴィル)