• 本

昭和陸軍と政治 「統帥権」というジレンマ

歴史文化ライブラリー 513

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-642-05913-8
4-642-05913-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

軍部の暴走を招いた要因とされる統帥権独立制には、政治からの軍事の独立とともに、軍部の政治介入禁止という二面性があった。軍人たちは、これらをどう認識してきたのか。政治との関わり方に苦悩する昭和陸軍に迫る。

目次

歴史とイメージ―プロローグ
明治陸軍と政治
宇垣軍政
陸軍派閥抗争
近衛文麿と陸軍
東条軍政
統帥権独立と政治介入―エピローグ

著者紹介

〓杉 洋平 (タカスギ ヨウヘイ)  
1979年、愛知県に生まれる。2014年、國學院大學大学院法学研究科博士課程後期修了。現在、帝京大学文学部専任講師、博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)