• 本

戦前期日本人学校の異文化理解へのアプローチ マニラ日本人小學校と復刻版『フィリッピン讀本』

出版社名 明石書店
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-7503-5098-1
4-7503-5098-2
税込価格 7,480円
頁数・縦 368P 20cm

商品内容

目次

戦前期マニラ日本人学校と異文化理解―多文化共生の手がかりを求めて
第1部 戦前期マニラ日本人学校の副読本と児童文集(異文化理解のための教材開発―『フィリッピン読本』(1938年)
開戦前の異文化理解の状況―『比律賓小学歴史』『比律賓小学地理』(1940年)
日米開戦と軍政開始時の異文化理解の変質―『とくべつ児童文集』(1942年)
マニラ日本人小学校第3代校長・河野辰二について
おわりに代えて―異文化を理解する視点:文化の異質性と共通性)
第2部 『フィリッピン讀本』の全体像(復刻版『フィリッピン讀本』(1938年)在外指定マニラ日本人小學校)

著者紹介

小林 茂子 (コバヤシ シゲコ)  
2006年、中央大学大学院文学研究科(教育学専攻)博士後期課程修了。博士(教育学)。専攻は、沖縄移民教育史、南洋地域の教育史。現在、中央大学、東洋大学、実践女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)