• 本

入門三島由紀夫 「文武両道」の哲学

出版社名 ビジネス社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-8284-2233-6
4-8284-2233-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

「生命尊重」の時代は終わった!文弱だった青年が肉体改造を経て日本中が驚く最期を遂げたのはなぜか、なぜあの事件を誰も読めなかったのか。

目次

序章 生命至上主義の終わり―“劇薬”としての三島由紀夫(哲学を強いる時代
人間から「主体性」を奪うのがクライシスの本質 ほか)
第1章 「三島由紀夫」とは何者だったのか―文武両道の四十五年(三島事件の衝撃
クーデターの失敗は見込んでいた ほか)
第2章 若者への遺言『行動学入門』―精神と行動の関係(若者に向けてかかれた『行動学入門』
世界を席巻した学生運動 ほか)
第3章 天皇とは何か、『文化防衛論』―日本文化の根源(グローバリズムは後退しない
「文化主義」という病 ほか)
第4章 集団の発見『太陽と鉄』―精神と肉体のバランス(肉体改造を始めた三十歳
肉体と精神のバランス ほか)

著者紹介

富岡 幸一郎 (トミオカ コウイチロウ)  
1957年東京生まれ。文芸評論家。関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。中央大学文学部仏文科卒業。第22回群像新人文学賞評論部門優秀作受賞。西部邁の個人誌『発言者』(1994〜2005)、後継誌『表現者』(2005〜2018)に参加、『表現者』では編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)