• 本

ゼミナール民事訴訟法

出版社名 日本評論社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-535-52291-6
4-535-52291-X
税込価格 2,530円
頁数・縦 202P 21cm

商品内容

目次

確認の利益
将来給付の訴え
相殺の抗弁と重複起訴
判決主文と既判力
一部請求
裁判上の自白
文書提出命令
過失の主張と証明責任
法人でない団体の当事者能力・訴訟追行権と判決効
民法改正し債権者代位訴訟
訴訟追行権の授与
補助参加の利益と参加的効力
上訴の不服
送達の瑕疵と救済方法
独立当事者参加における参加人による請求定立/第三者再審
訴訟費用

著者紹介

渡部 美由紀 (ワタナベ ミユキ)  
名古屋大学大学院法学研究科教授。東北大学法学部卒業(1995年)、学士(法学)
鶴田 滋 (ツルタ シゲル)  
大阪市立大学大学院法学研究科教授。九州大学法学部卒業(1995年)。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学(2004年)、博士(法学)
岡庭 幹司 (オカニワ マサシ)  
横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。東京大学法学部卒業(1995年)、学士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)