• 本

羊の人類史

出版社名 青土社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-7917-7331-2
4-7917-7331-4
税込価格 2,640円
頁数・縦 276,7P 19cm

商品内容

要旨

そのすがたからは想像ができないほど劇的に、羊は人類の生活や文化を根本から変えてきた。羊毛でつくられた帆と衣服があったからバイキングは壮大な旅をすることができたし、ペスト菌は羊毛貿易によってヨーロッパ中にひろがった。ある羊毛商人はイギリス王エドワード三世に100億円以上を貸して貴族になり、産業革命がもたらした大規模なウール加工工場では驚くほど多くの子供たちが過酷な労働をしていた。驚きと発見にみちた歴史ノンフィクション。

目次

羊をじっとさせておく方法
羊毛の鱗の秘密
なぜルーイングされる羊がいるのか?
とても硬い羊の肉
押韻詩とおかしな治療法
ミスター&ミセス・ボー・ピープ
犬とドローヴァー
原毛の精練と糸紡ぎ
勝利のためのニット
「羊がすべての経費をまかなってくれた」
羊が人々をむさぼり食う
糸を紡ぐ
毛織物工場とブーム
アップ・アップ・アンド・アウェイ

著者紹介

クルサード,サリー (クルサード,サリー)   Coulthard,Sally
イギリスの作家。デザイナー。オックスフォード大学で考古学と人類学を学ぶ。その後20年間を、家や工芸品、屋外スペースの設計・製作そして執筆に費す。家の修復、インテリアのデザイン、アウトドアリビングに関する本を多数書いた
森 夏樹 (モリ ナツキ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)