• 本

美麗島プリズム紀行

出版社名 集英社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-08-781696-9
4-08-781696-6
税込価格 2,090円
頁数・縦 318P 図版16P 20cm

商品内容

要旨

台湾の歴史・人に寄り添う旅の記録。

目次

カバランからバックスキンへ
台湾最南端で台風に遭う
「日本語世代」それぞれの思い
映画の中の日本家屋
台北MRTに生かされる日本の技術
アクシデント
パイワン族・陳媽媽のしなやかさ
清き水が湧き、歴史が降り積もる町
端午節の一日・ドラゴンと猫
暑く、熱く、篤い街・高雄
ピンク色に引きずられた日
食器にこらずに縁起を担ぐ
祝日の過ごし方・お墓参りとバーベキュー
日本と縁の深い村に、再び立った新たな鳥居
客家の町で乃木希典の足跡を見つける 苗栗・南庄郷
外省人・二度と故郷へ戻れない老人の話
台北の新名所「呼吸する隠れ家」を実現した日本の技術
台南の冬・韓石泉氏ゆかりの場所で空襲の話を聞く
「魚」と「野菜」の一騎打ち・台湾総統選挙
鬼の月・今も大切にされている「七夕」の一日
八十代女性が七十年以上も心に抱いてきた疑問
あらゆる要素が融け合っている台湾の住宅
「布袋戯」―驚異的進化と大きな課題

出版社・メーカーコメント

近くて遠い、台湾の本当の姿を求めて 歴史と人に寄り添う台湾紀行  台湾各地を歩いて歴史を紐解き、さまざまな人と出会いながら、旅の途上で湧き上がる心情を綴っていく。前作『美麗島紀行』から5年、台湾への興味と愛は尽きることなく、著者自身が撮影した数々の写真とともに、台湾の多彩な側面に迫る。  美術家・奈良美智さんも絶賛!「ガイドブックだけじゃつまらない!いろんな扉を開けてくれるお話の数々。台湾好きになったら次に読むのはこれでしょ!」 【もくじ】 カバランからバックスキンへ  台湾最南端で台風に遭う  「日本語世代」それぞれの思い  映画の中の日本家屋  台北MRTに生かされる日本の技術  アクシデント  パイワン族・陳媽媽のしなやかさ  清き水が湧き、歴史が降り積もる町  端午節の一日・ドラゴンと猫  暑く、熱く、篤い街・高雄  ピンク色に引きずられた日  食器にこらずに縁起を担ぐ  祝日の過ごし方・お墓参りとバーベキュー  日本と縁の深い村に、再び立った新たな鳥居  客家の町で乃木希典の足跡を見つける 苗栗・南庄郷  外省人・二度と故郷へ戻れない老人の話  台北の新名所「呼吸する隠れ家」を実現した日本の技術  台南の冬・韓石泉氏ゆかりの場所で空襲の話を聞く  「魚」と「野菜」の一騎打ち・台湾総統選挙  鬼の月・今も大切にされている「七夕」の一日  八十代女性が七十年以上も心に抱いてきた疑問  あらゆる要素が融け合っている台湾の住宅  「布袋戯」──驚異的進化と大きな課題  【著者プロフィール】 乃南アサ(のなみ・あさ) 1960年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部中退後、広告代理店勤務を経て、1988年『幸福な朝食』が第1回日本推理サスペンス大賞の優秀作に選ばれ、作家デビュー。1996年『凍える牙』で直木賞を、2011年『地のはてから』で中央公論文芸賞を、2016年に『水曜日の凱歌』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。主な著著に『花盗人』『団欒』『旅の闇に』『六月の雪』『美麗島紀行』『チーム・オベリベリ』など多数。

著者紹介

乃南 アサ (ノナミ アサ)  
1960年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部中退後、広告代理店勤務を経て、1988年『幸福な朝食』が第1回日本推理サスペンス大賞の優秀作に選ばれ、作家デビュー。1996年『凍える牙』で直木賞、2011年『地のはてから』で中央公論文芸賞、2016年『水曜日の凱歌』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)