• 本

縁食論 孤食と共食のあいだ

出版社名 ミシマ社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-909394-43-9
4-909394-43-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 189P 19cm

商品内容

要旨

世界人口の9人に1人が飢餓で苦しむ地球、義務教育なのに給食無料化が進まない島国。「あたらしい食のかたち」を、歴史学の立場から探り、描く。

目次

第1章 縁食とは何か―孤食と共食のあいだ(孤食の宇宙
しわ寄せ引き受け装置 ほか)
第2章 縁食のかたち(公衆食堂の小史
食の囲い込み ほか)
第3章 縁食のながめ(弁当と給食の弁証法
無料食堂試論 ほか)
第4章 縁食のにぎわい(死者と食べる
食を聴く ほか)
第5章 縁食の人文学(「もれ」について―「直耕」としての食
パンデミックの孤独―「居心地のよい空間」をめぐる人文学)

著者紹介

藤原 辰史 (フジハラ タツシ)  
1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナチス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の哲学』でサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)