• 本

ナショナリズムを理解できないバカ 日本は自立を放棄した

出版社名 小学館
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-09-388801-1
4-09-388801-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

「成長戦略会議」の民間議員である“政商”竹中平蔵氏が総務相時代に菅氏は部下だった。菅氏の知恵袋、デービッド・アトキンソン氏は国際金融資本の手先であるゴールドマン・サックスの元アナリスト。「中小企業改革」「地銀再編」構想で失業者は増え、日本の富は海外に流出する。失敗が明白となった「アベノミクスの継続」を明言した現政権に未来はない…保守も革新も知性が欠如している。

目次

第1章 ナショナリズムとは何か(二つのメルクマーク
環境は自己の人格の半分を形成する ほか)
第2章 ナショナリズムの思想史(なぜ自分を国民だと感じるのか
聖なる言語の破壊がもたらしたもの ほか)
第3章 民族主義と保守主義(保守主義の批判対象は急進的な平等主義と自由主義
人為的な工学だけではナショナリズムは機能しない ほか)
第4章 グローバリズムが世界の秩序を破壊する(インターナショナルとグローバル
グローバリズムと新型コロナ ほか)
第5章 ナショナリズムと日本人(「学問」と「人民独立の気力」
「日本の開化は違う道を辿った」と看破した夏目漱石 ほか)

出版社・メーカーコメント

愛国者が売国奴を礼賛する摩訶不思議   「ナショナリズム」という言葉を聞くと反射的に「右翼」「軍国主義」と認識し、毛嫌いするきらいがある。しかし、本来の意味は違う。簡単に言えば、歴史や共同体を大切にし、安定的、文化的で保守的なものだ。ところが、日本の政治は日本人の利益を破壊してきた。一例を挙げれば、雇用市場を不安定化させ、格差を拡大させてきた。移民政策を拡大させ、さらに水道の民営化で海外企業に売却が噂されるなど、かつてならば「国賊」「売国奴」と罵られてきたはずの政治家が「自称保守」を自認する人々に支持されてきた。安倍晋三前総理大臣だ。 安倍氏の後を継いだ菅義偉総理も大した差はない。”政商”竹中平蔵氏、「中小企業の再編」を菅総理に吹き込んだ元ゴールドマン・サックスのデービッド・アトキンソン氏を「成長戦略会議」のメンバーに入れたくらいだ。 おそらく日本の富が海外(特にアメリカ)に流出し続け、日本の貧国化はさらに進む。いつの時代も泣きを見るのは、一般庶民だ。まずは国家とは何かを理解する必要がある。ナショナリズムと近代とは深い関係がある。近代国家について考えるときは、まずはナショナリズムを理解する必要があるのだ。   【編集担当からのおすすめ情報】  ナショナリズムを理解しないと、左翼、右翼、保守といった概念もわからなくなります。そうなると、保守の対極にあるものを「保守」と担ぎ上げてしまいます。いい例が「新自由市議=保守」と認識しているようなものです。著者は学生時代に哲学を専攻し、さまざまな文献からナショナリズムの本質を定義し、アカデミックな内容をやさしく解説する一方、舌鋒鋭く、「エセ保守政治家」たちをこき下ろすなど、痛快な内容となっています。

著者紹介

適菜 収 (テキナ オサム)  
1975年、山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作「アンチクリスト」を現代語訳した『キリスト教は邪教です!』『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか』『日本をダメにした B層の研究』(講談社)など著書40冊以上(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)