• 本

小説らくだ

出版社名 二見書房
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-576-20191-7
4-576-20191-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 283P 19cm

商品内容

要旨

大きな体で大酒飲みの荒くれ者で、長屋や近隣の住民たちから嫌われていた通称「らくだ」。ある日、らくだの兄貴分、半次が長屋を訪ねると、らくだが死んでいた。半次はその弔いの金を工面するため、たまたま通りかかったくず屋の久六を呼び止める。らくだの死を知らされ、驚く久六だったが、半次に脅され、長屋の月番や大家に金品要求の言伝てを行うはめに。出し渋るところには、らくだの死骸を運んで「かんかんのう」を踊らせ、ついには香典や物品をせしめる。やがて、久六はらくだの母親のもとに使いに出かけるが―複雑な滑稽咄を人情咄として再構成、シリーズ第3弾!

出版社・メーカーコメント

古典落語『らくだ』を小説化。桂 文治が監修を行う。古典落語を小説化する「小説 古典落語」シリーズの『小説 真景累ヶ淵』『小説 牡丹灯籠』に続く第3作12月 第4冊『小説 西海屋騒動』、1月 第5冊『小説 品川心中』を刊行予定

著者紹介

並木 飛暁 (ナミキ タカアキ)  
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。塾講師(国語)との兼業作家。ライト文芸、児童書、落語脚本などを執筆。ナンセンス・コメディの劇団所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)