• 本

梅雨葵

幻冬舎時代小説文庫 し−45−2 小烏神社奇譚

出版社名 幻冬舎
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-344-43044-0
4-344-43044-1
税込価格 847円
頁数・縦 339P 16cm

商品内容

要旨

医者の泰山が、ある朝、小烏神社の竜晴を訪ねると、鳥居の下に無残な蝶の死骸が置かれていた。気にする素振りもない竜晴だったが、翌朝も同じ場所に蝶の骸があり、誰の仕業か見張ることに。そこに姿を現したのは、葵の花を手にした美しい娘だった。蝶については何も知らないと言うが…。花に隠された想いは、女の恋心か、それとも野心か。

著者紹介

篠 綾子 (シノ アヤコ)  
埼玉県生まれ。東京学芸大学卒。第四回健友館文学賞受賞作『春の夜の夢のごとく―新平家公達草紙』でデビュー。短篇「虚空の花」で第十二回九州さが大衆文学賞佳作受賞。主な著作に第一回日本歴史時代作家協会賞作品賞を受賞した『青山に在り』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)