• 本

超電導リニアの不都合な真実

出版社名 草思社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-7942-2480-4
4-7942-2480-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 363P 19cm

商品内容

要旨

技術的課題があまりに多すぎる。JR東海は、もうリニアを諦めている?「中央新幹線」は在来型新幹線で開業できるよう、準備されている―。リニアの実用化は、とうてい不可能では?複雑な走行原理に超電導磁石の課題、トイレ問題まで、立ちはだかる技術的課題の数々を解説し、「国家的事業」の見直しを提言する。

目次

第1章 心配になるほど複雑な超電導リニアのしくみ
第2章 なぜ超電導リニアが開発されたのか
第3章 超電導リニアは技術的課題が多い
第4章 なぜ中央新幹線を造るのか
第5章 中央新幹線の建設・運用上の課題
第6章 乗客の視点で見るリニアの課題
第7章 事故の情報公開や対策への疑問
第8章 中央新幹線は在来方式でも開業できる
第9章 今が決断のとき

出版社・メーカーコメント

2027年の開業をひかえ、工事着工をめぐり静岡県との交渉がメディアでも話題となっているJR東海が進める一大プロジェクト・リニア中央新幹線。しかし、実はそもそもこの画期的なプロジェクトの根幹をなす超電導リニアの技術に解決が難しい課題が山積していた!気鋭の交通ジャーナリストがリニアの「不都合な真実」を明らかにし、そのうえでこのプロジェクトの必要性自体を議論すべきと説く問題提起の書!

著者紹介

川辺 謙一 (カワベ ケンイチ)  
交通技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学大学院工学研究科修了後、メーカー勤務を経て独立。高度化した技術を一般向けに翻訳・紹介している。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)