• 本

伝説の日本史 第4巻

汚名返上 「悪人」たちの真実

光文社知恵の森文庫 tい16−4

  • 井沢元彦/著 和田秀樹/著
出版社名 光文社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-334-78793-6
4-334-78793-2
税込価格 682円
頁数・縦 189P 16cm
シリーズ名 伝説の日本史

商品内容

要旨

蘇我入鹿、平将門、道鏡、田沼意次…など、日本史上、誰もが知る「悪人」たち。なぜ彼らは「悪」とされている行動をとったのだろうか?これらの人物の行動や政策に対して心理学・精神医学の面からアプローチし、その内面を解き明かしていく。通説となっている「悪人」たちへの思い込みが崩れ、新たな視座を獲得する快感を堪能する。シリーズ第4弾!“井沢史観”で読み解く歴史上のスーパースターたち。

目次

第1話 平将門
第2話 徳川綱吉
第3話 道鏡
第4話 田沼意次
第5話 蘇我入鹿
第6話 井伊直弼
第7話 吉良上野介
第8話 平清盛
第9話 足利尊氏
第10話 織田信長

著者紹介

井沢 元彦 (イザワ モトヒコ)  
1954年愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒。卒業後、TBSに入社。報道局(社会部)記者時代の’80年に『猿丸幻視行』で第26回江戸川乱歩賞を受賞。’85年にTBSを退社、作家活動に専念する。歴史上の謎を題材に取りつつ現代の殺人とからめた「歴史ミステリー」の分野で多くの作品を発表した。’92年から歴史ノンフィクション『逆説の日本史』の執筆を始めた
和田 秀樹 (ワダ ヒデキ)  
1960年大阪市生まれ。’85年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修。国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント、東京大学医学部附属病院精神神経科助手、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー、高齢者専門の総合病院である浴風会病院の精神科を経て、国際医療福祉大学赤坂心理学科教授、川崎幸病院精神科顧問、一橋大学経済学部非常勤講師、東京医科歯科大学非常勤講師、和田秀樹こころと体のクリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)