• 本

日々のちょっとした工夫で認知症はグングンよくなる! 画期的!画像で確認できたアミロイドβの減少を徹底検証!

出版社名 平原社
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-938391-70-6
4-938391-70-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 215P 19cm

商品内容

要旨

世界の学術誌『Scientific Reports』に掲載された「アルツハイマー型認知症を起こす原因物質であるアミロイドβ蛋白の凝集蓄積を改善し、空間認知、学習能力、記憶力を改善する」とする論文をはじめ、世界の研究者が注目する各種研究結果をわかりやすく解説!

目次

第1章 アントロキノノール含有エキスで認知症の症状が軽減。落ち着いた日々を取り戻した人々
第2章 認知症とは何か
第3章 医学治療はどこまで有効か
第4章 自分でできる認知症の予防・改善法
第5章 認知症薬まであと一歩のアントロキノノール。アントロキノノール含有エキスとは何か
第6章 アントロキノノール含有エキスと認知症に関するQ&A

著者紹介

生田 哲 (イクタ サトシ)  
1955年北海道函館生まれ。東京薬科大学卒業。薬学博士。がん、糖尿病、遺伝子研究で有名なシティ・オブ・ホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)などの博士研究員を経て、イリノイ工科大学助教授(化学科)。遺伝子の構造やドラッグデザインをテーマに研究生活を送る。現在は日本で、生化学、医学、薬学などライフサイエンスを中心とした執筆活動と講演活動、脳と教育、脳と栄養に関する研究とコンサルティング活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)